お客様が使用されているブラウザは実際の表示結果と異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

 

表示スタイルを選択できます : デフォルト | 白黒

KDFコラム

今井郁子ガラス工芸展

今回のコラムは、KDF会員である今井郁子氏によるガラス工芸展をご紹介します。 
 
ガラス工芸の中には多種多様な技法があり、吹きガラス、ステンドグラス、切子等は良く知られておりますが、私は余り馴染みが無いと思いますが、フュージング技法(溶着)とパート・ド・ベール技法(鋳造)で制作しております。春にはフュージング技法で「飾展」を、秋にはパート・ド・ベール技法で「灯展」を開催しております。
 
今回パート・ド・ベール技法によるランプ展「灯展PART6]を開催いたします。
非常に時間と手間が掛かり、リスクの大きいこの技法で制作したランプはガラスの中で最も美しいと思っております。
今回で「灯展」も6回目になりますが、まだまだ知られてはおりません。是非こういう硝子があるということを皆様に知っていただきたく、案内申し上げます。
 
灯展PART6
2008年11月13日(木)〜22(土)
11:00AM〜6:00PM(最終日5:00PM迄)
会期中作家在籍