お客様が使用されているブラウザは実際の表示結果と異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

 

表示スタイルを選択できます : デフォルト | 白黒

終了報告「JAXA宇宙科学研究所 相模原キャンパス 見学会」

「はやぶさ」の、「いとかわ」との接触想像図(JAXAのパンフレットより転載)hayabusa_0.jpg

平成23年9月9日(金)午後1時、JR横浜線 淵野辺駅に参加者は集合した。9月と言っても、ミンミンゼミの声が聴こえる、まだ夏の暑さが残る暑い日であった。
1113-3.jpg

今回参加者は19名、KDF会員以外にも各方面に積極的に声をかけた結果、KDF以外からの参加者は6名にのぼった。駅前からバスに乗りキャンパス正門前にて下車、手続きの後、広報係の人に迎えられ、セミナールームへと案内された。

約30分程のビデオ映像による宇宙科学研究所の活動内容の説明の後、展示ホールへと移動した。そこには、宇宙に関するサテライトなどの展示物と共に、約7年の旅の後、めでたく地球に生還した小惑星探査機「はやぶさ」の原寸大レプリカと、小惑星「いとかわ」の縮尺模型が展示されていた。
1113-1.jpg

さらに、実際に飛翔体の製造などもおこなっている構造機能試験棟に移動し、説明を受けた。そして、はやぶさ打ち上げに使ったロケット(原寸大レプリカ)の前で記念の集合写真を撮った。
1113-4.jpg

見学終了後、また淵野辺駅にもどり、駅前の呑み屋で交流会を行ない、そこでもおおいに盛り上がった。
1113-2.jpg

かながわデザイン機構 会員交流委員会
佐々木 勝
http://www.kdf.or.jp/profile/management/1116