お客様が使用されているブラウザは実際の表示結果と異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

 

表示スタイルを選択できます : デフォルト | 白黒

盲ろう者への支援活動

KDFでは、視覚聴覚両方に障害のある「盲ろう者」を支援するための活動をおこなっています。

一つめの活動内容は、「自分で、手軽に、正確な時間を知りたい」という盲ろう者の切実なニーズを満たす、しっかりさわれる触読式目覚まし時計を実用化し、盲ろう者が独力で時間管理をするための方法を創りだすことです。

視覚情報と音声情報の両方を利用できない盲ろう者の多くは、「自分で時間を管理したい」という日常生活活動の基本的なニーズに関して、事実上、現在の市場からは排除された状態にあるのが現状です。

時計の実用化プロジェクトのサイト
http://tactile.jp/

二つめの活動は、「自分の血圧、体温、体重などの数値を知りたい」という盲ろう者のニーズを満たす、数値を伝達する手段を開発実用化し、盲ろう者が独力で健康管理をするための方法を創りだすことです。

盲ろう者の多くは「自分で自分の健康を管理したい」という基本的なニーズに関して、事実上、現在の市場からは排除された状態にあります。